ボディ保護用透明フィルム『XPEL』日本正規輸入元

XPELはアメリカの中央、テキサス州にあるペイント・プロテクション・フィルム(以下:PPF)の専門メーカーです。
他にも複数あるPPFを製造販売するメーカーの中で唯一の専門メーカーであり、他社をはるかに超える商品開発スピードとユーザーの声を反映したビジネス展開で名前のよく知れた有名企業を尻目に急成長をし、Yes!PPFでは2009年からXPEL社製品の使用を開始しました。
創業は1996年とまだ老舗と呼ぶにはかなり若い企業ですが、その若さゆえにレスポンスの良さが非常に魅力で、現在では商品開発に対してYes!PPFとも積極的に情報交換を行う関係にまでなりました。
フィルムの開発のみならず世界をネットワークでつないで車種別のカットデータを共有する『D.A.P(Design Access Program)』や特殊施工液などの開発を行うことで他社のフィルムのみの展開に大きなリードをしています。
充実の商品ラインナップと豊富な知識、そして製造からデリバリー、DAPからアフターサポートに至るまですべてを一貫して行うフィルム同様透明度の高いビジネスはYes!PPFの理想とする形であり、お互いに共通の目標のもと、Yes!PPFでは日本のPPFをけん引するべくXPEL社と強力なタッグを組んでいます。

Yes!PPFのフラッグシップ店舗にはXPEL本社での講習を受けたインストーラーが常駐し、日々施工を行うことでXPEL本社も自信を持って推薦してくれる高度な技術を持っています。また日々の施工を行うことでつねにデータを修正し、より完成度の高いデータへとブラッシュアップしています。

2011年に移転したXPEL本社内には専用のトレーニングエリア、基礎やDAPを学ぶスタディ・ルーム、DAPのデータを作るインストールエリアなど充実した設備が整います。
写真のような専用トレーニングボディを使いさまざまなトレーニングを受けることができます。Yes!PPFでは渡米による専用のトレーニング・プログラムも用意しています。

年に数回の渡米により実際に見て、話をしなければわからないさまざまな情報交換を行っています。
Yes!PPFでは英語のコミュニケーションを取れるスタッフが数名いるため、通訳を通じてだと伝わりにくいニュアンスや微妙な加減を伝えることができるため、Yes!PPFが日本のSUPER GTなどのモータースポーツで得たノウハウや情報なども製品開発に反映されています。

DAPはアメリカとネットワークで共有するカットデータを有するシステムで、専用のカッティングマシンによって車種別のデータをカットしていきます。DAPはアメリカで市販される車両の90%をカバーするデータを有します。
またYes!PPFでは自社にてDAPにないデータでも制作が可能で、その仕上がりはXPEL本社も認める高度で精巧なデータです。

年に1度、エンターテイメントの街『ラスベガス』で開催されるアメリカ最大のカスタムカーの祭典『SEMA SHOW』。
XPELでは毎年このイベントにブースを出展し、新製品の発表やプロモーションを行っています。
Yes!PPFのイシグロはSEMA SHOWへは2012年の会期でSEMA視察を6回とその経過を見てきています。

本社の在庫状況をこまめに確認し、製品リリースなどの情報を共有することで国内でも常に新しいロットのフィルムをストックしています。
Yes!PPFのアメリカにある関係会社と連携することで航空便、船便を効率よく使い分けることで他社と比較してリーズナブルな価格でフィルムを提供できる環境を整えています。

2012年春からYes!PPFは日本における正規輸入販売元のなり、これまでに築いてきたXPEL社との信頼関係をより発展的なものにするべく、日々努力をしていきます。
業者のみなさまからのお問い合わせや他社でのトラブルなどに関しても対応させていただきます。

XPEL製品は製品ごとに商品補償期間があります。
フィルム製造上の不良品の保証はもちろんのこと、施工上の問題(剥がれ、ゴミの混入)などを含め、Yes!PPFにおける施工はその全てにおいてYes!PPFの定める品質に満たないものは出荷、納車をいたしません。
また再施工等におけるフィルム、施行費の全てを保証いたします。

Yes!PPFではアメリカXPEL社におけるトレーニング・プログラムや、同等のトレーニングを行える環境を用意しています。
アメリカ本国ではYes!PPF独自のプログラムを用意。宿泊や食事、移動から通訳までをすべてサポートし、スキルに合わせた徹底したトレーニングを行うことができます。これはビギナーには推奨していませんが、さらなるスキルアップと自信につながるため大きな意味があるプログラムです。
またビギナーに対しては国内にて徹底した知識、基礎を身に着けていただけるプログラムを用意しています。


とにかく施工経験豊富なアメリカ本社スタッフは施工クオリティはもちろんのこと、施工スピードやリカバーのノウハウなどがとにかく豊富です。また国内よりも緊張感ある環境の中でトレーニングを行うことで大きなステップアップを実現します。


国内ではフィルムの基礎となる様々な知識を学ぶ一日目、そして実践的なケーススタディにて学ぶ数日のプログラムをご用意しています。中でも基礎に関しては良い点はもちろん悪い点、様々なフィルムメーカーの違いやなど幅広く学びます。


2日目以降のプログラムは『失敗』を学びます。どのようなときにどうするのか。様々なケースを体感することで応用力のベースを作り、複雑な各車への施工に柔軟に対応できる基礎を身に着けていきます。完全予約制の3名までと少人数で行います。

前のページへ

次のページへ