ボディ保護用透明フィルム『XPEL』日本正規輸入元

Yes!PPFではボディ用のプロテクションフィルムにアメリカXPEL製のフィルムを使用しています。
XPEL社では複数のフィルムを製造・販売しています。それぞれに製品性質が異なり、良い点はもちろん悪い点もあります。
用途や目的、保護対象物などにより使用するフィルムを使い分けることも非常に重要であり、それに付随してフィルム特性などをよく把握した店舗での施工が大切です。
フィルムは同一グレードでも年に数回の仕様変更があるためいつ製造されたフィルムを使用するのかと言うこともとても大切です。
せっかく施工するのであれば、最良のフィルムを、安心の施工を行える店舗で、と言う当たり前をYes!PPFではお約束します。

Yes!PPFでは最良の施工を行うためにフィルムに関していくつかのお約束をいたします。
・使用するフィルムは製造から半年以内のフィルムを使用します。
 →フィルムは長期保管を行うとロールの巻き圧によりフィルムが傷むため長期保管を行わない在庫管理を行っています。
 →仕様変更に伴う旧モデルを提供しないようにXPEL社と密に情報交換を行い、、毎月フィルムを輸入しています。
・使用する際にはお客様毎のカルテを制作し、使用したフィルムの製造ナンバーを控えています。
 →製品製造上の不良などにも迅速に対応するためにフィルムのナンバーリング管理をしています。

2011年8月から販売している製品です。
現在、XPEL社フィルムの最上位に位置付けられているフィルムで、屋外保管による雨染み、ウォータースポット、変色に対して強い保護膜が形成されています。
これはセルフ・ヒーリング(自己再生)と言う機能を持つ保護膜で、洗車傷や多少の擦り傷などは太陽熱などによって保護膜の傷を自己再生する機能で、これまでストレスだった愛車ケアからも解放されます。
現在のYes!PPFでは基本的に大きな理由のない場合はこのフィルムにて施工を行います。



トップコート 0.5 ミル 0.5ミルのウレタン・クリアーコート層です。
エラストメリック・ポリマーを表面に含ませることで対染色、防汚、表面のかき傷を抑制し、それらからフィルムを守る働きがあります。結果として従来型よりフィルムの表面劣化耐久性が増し、光沢感も持続するようになりました。
衝撃吸収保護層
(基材)
6 ミル  高い柔軟性に加えて伸びに対して元に戻ろうとする復元力を兼ね備える塩ビ製フィルムなどには見られないポリウレタン性の保護層です。
時間の経過でも硬化しにくく高い柔軟性を維持できる特性から飛来物などの衝撃を長い期間吸収し続け、ボディの塗装面を保護します。
粘着層 1.6 ミル 透明度の非常に高い特殊アクリル製接着剤です。
複雑な曲面で構成される自動車への施工のために専用開発された接着剤で、非常に高い接着力を持ち、ボディとフィルム(衝撃吸収保護層)の剥離もない非常に優れた接着剤です。
貼り付け前は乳白色で透明度がありませんが、きちんとボディ面と密着させると透明度が高くなる特殊な接着層です。
剥離紙 2 ミル フィルム施工前に剥がしてしまう接着層を保護する目的のシートです。
材質にポリエステルを採用することで剥離紙そのものの平滑さが非常に高く、それにより接着層も非常に高い平滑さを維持しています。剥離紙の色は不透明ヘアライン調のホワイトです。
総合 8.1 ミル アメリカにて最上位に位置するフィルムです。
:選択のメリット
  ・フィルム表面にセルフ・ヒーリングと呼ばれる特殊保護膜を持つため従来のフィルムに比較して傷、変色からの耐久性が向上しています。
・変色に強いため、白やシルバーなど色の明るい車両へ施工しても経年変化によるフィルムの劣化が従来よりわかりにくくなっています。
スクラッチキズに対する復元作用がある特殊処理がされているために植木やカバンなど軽度の接触が考えられることへのボディ保護目的でフィルム施工を検討されている方には非常によいフィルムです。
・フィルムが厚いために保護効果が期待できるほか、中古車両などの洗車キズや小キズの上に施工を行うとキズが目立たなくなります
×:選択のデメリット
  ・保護膜は製造工程でフィルム表面に塗布されるため、塗布ムラのような微細な波打ちがあり、平滑感はエクストリームより劣ります。そのため『黒』や『赤』といった深みの高いボディカラーに施工すると光の反射具合により表面にわずかながら波状の視覚的なフィルム感が確認できます。
対裂性が弱いため、パイロンやガードレール、植木鉢、自転車、スーツケースなどの硬い物体への接触によるボディ保護には効果はエクストリームより劣ります。

従来のボディ保護用フィルムの製造工程を変更することで表面に意図的に曇りを作り、ボディ保護性能はそのままにボディ色を艶消しに変えることができるファッション性を併せ持つ特殊なフィルムです。
従来品に汚れや傷からフィルムを守る『セルフ・ヒーリング』コーティングを加えたことで従来のフィルムにあった問題点をクリアしました。



トップコート 0.5 ミル 0.5ミルのウレタン・クリアーコート層です。
エラストメリック・ポリマーを表面に含ませることで対染色、防汚、表面のかき傷を抑制し、それらからフィルムを守る働きがあります。結果として従来型よりフィルムの表面劣化耐久性が増し、汚れにも強くなりました
つや消し加工がされているので純正艶消し塗装などのボディ保護にも使えます。 
衝撃吸収保護層
(基材)
6 ミル  高い柔軟性に加えて伸びに対して元に戻ろうとする復元力を兼ね備える塩ビ製フィルムなどには見られないポリウレタン性の保護層です。
時間の経過でも硬化しにくく高い柔軟性を維持できる特性から飛来物などの衝撃を長い期間吸収し続け、ボディの塗装面を保護します。
粘着層 1.6 ミル 透明度の非常に高い特殊アクリル製接着剤です。
複雑な曲面で構成される自動車への施工のために専用開発された接着剤で、非常に高い接着力を持ち、ボディとフィルム(衝撃吸収保護層)の剥離もない非常に優れた接着剤です。
貼り付け前は乳白色で透明度がありませんが、きちんとボディ面と密着させると透明度が高くなる特殊な接着層です。
剥離紙 2 ミル フィルム施工前に剥がしてしまう接着層を保護する目的のシートです。
材質にポリエステルを採用することで剥離紙そのものの平滑さが非常に高く、それにより接着層も非常に高い平滑さを維持しています。剥離紙の色は不透明ヘアライン調のホワイトです。
総合 8.1 ミル
:選択のメリット
  ・フィルム表面にセルフ・ヒーリングと呼ばれる特殊保護膜を持つため従来のフィルムに比較して傷、変色からの耐久性が向上しています。
・変色に強いため、白やシルバーなど色の明るい車両へ施工しても経年変化によるフィルムの劣化が従来よりわかりにくくなっています。
スクラッチキズに対する復元作用がある特殊処理がされているために植木やカバンなど軽度の接触が考えられることへのボディ保護目的でフィルム施工を検討されている方には非常によいフィルムです。
・フィルムが厚いために保護効果が期待できるほか、中古車両などの洗車キズや小キズの上に施工を行うとキズが目立たなくなります
×:選択のデメリット
  ・塗装と違い、表面の艶消し具合にムラがあるばあいがあります。

前のページへ

次のページへ